2012年9月15日土曜日

iPhone5擬人化とiPhone5デザインあれこれ


描いたiPhone5擬人化の「ブラック&スレート」と「ホワイト&シルバー」を一枚にしてみました(^^)


話は変わって、今回私がiPhone5のデザインで注目した点をつらつらと。

■エッジ■
5はエッジが綺麗です。
iPhone4&4Sは表裏ともエッジが小さく凸凹していますが、5はストレイトにカットしてあります。
そのため寄り洗礼されシンプルに仕上がっていますね。
握り心地も4&4Sとはだいぶ違うようです。

■ベゼルが黒い■
5の「ブラック&スレート」はベゼルも黒くなりました。
これまではブラックモデルでも金属部分のシルバーと合わせてツートンに見えていましたが、5は真っ黒です。
これが凄く新鮮に見えました。

■バックパネル■
5はガラスとアルミの2つの素材を並べるデザインになりました。
これはiMacを連想するデザインですね。
マットと光沢のコントラストがいいです。さらにAppleマークも光沢にしてあるのがまたいいですね。
iPhone以前のデバイスは裏面に機能を押し込んでしまいデザインをあまり意識していませんでした。
そういう意味でもiPhoneはデザインのパイオニアなのだと思います。

■表面処理■
質感の見え方として、フロントパネルとバックパネルの光沢・バックパネルとベゼルのマット・ベゼルのエッジの光沢、この三つで形成されています。
Appleらしいシンプルで品のある仕上がりですね。

■ドッグコネクタ■
今回ドックのデザインも大きく変更されました。
正直これまでのiPhoneのドッグコネクタ差込口は中の接続が丸見えでデザイン上良くないな〜と思っていました。
しかし今回小型化したことでかなりスッキリした差し込み口になりました。
それと裏表関係なく挿せるのがいいですね。
暗い場所や手探りでもケーブルを挿せるのようになります。
アクセサリー関係に問題が出そうですが、このデザインに合わせた新製品に期待しています。

■イヤホンジャック■
下付けになったのは凄く嬉しいです。
これまでiPhoneにイヤホンを挿して操作するとイヤホンコードが上から垂れ下がり実用的にもデザイン的にもスマート差に欠けていました。
今回イヤホンジャックがiPadと同じになりかなりスッキリしました。
ただ、こちらもアクセサリー関係で使いにくくなる物が増えそうです。

■ヘッドホン■
5からヘッドホンの形状が大きく変わりました。
これまでの3G~4Sまでも少しずつデザインが変わっていましたが、今回は大きな変化です。
しかもデザインだけではなく音質もかなり良いようです。
もしかしたらこのイヤホンはイヤホン界にイノベーションを起こすかもしれませんね〜。



以上、iPhone5を写真で見た感想です。
実機を見ればまた違う感想があるかもしれません。
21日が楽しみです。






0 件のコメント:

コメントを投稿